立春がきて暖かさを思い出し、どこか遠くに想いを馳せてみる

1/9(月・祝) 日記 晴れ

祝日。成人の日。成人が18歳になったので、もう成人式と言わないらしい。この法律や何かルールが変わった時のその真っ只中にいる人の心境というのは、どういうものなのだろうか?対して何も思わないかもしれないけど、何となく宙ぶらりんな、不安定で心もとないように感じたりしたりすることもあるのだろうか?とそんなことを考えた。

今日は暖かかった。大寒もまだだから春のようなというと大げさだけど、ほんの少しだけ春のような気持ちになった。

月曜日だから初めに1週間のざっくりとした計画を立てれば良かったのだけど、ここ最近出来ていなかったwebshopの本を追加することに意識がいってしまって、それだけで終わってしまった。と言ってもスタートが少し遅くなってしまったので本2冊とCDが1枚。「あさ/朝」「気流の鳴る音」「EMPIRE BUILDER」もう1冊あげたかったのだけど、それはまた後で。

そういえば、毎年仕事用の手帳を用意するのだけど、今年は新しいフォーマットの手帳を使い始めた。12月なかばから使っているのだけど、まだ使い方が定まってなくて、色々試してみているところ。先週くらいにだいぶ記入の仕方のルールが決まってきて、あと一息でバシッと決まりそう。いい感じに活用できそうで良かった。

今日の休憩は、EMPIRE BUILDER」の歌詞カードを読んでいた。改めてすごく良い。そして再確認したのだけど、歌詞カードって存在がとても好き。いちいち歌詞カードを見ながら聴きはしないけど、歌詞カードを読むのって歌を聴くのはとまた違った素晴らしい体験だなと思う。

さて、明日は仕事は休みにして、やりたかったことをやる予定。