10月15日(火) 日記 曇り

静かな火曜日だけど、私に会いに来てくれた人がいたので、嬉しかった。

mille booksから新刊が届いた。また永井さんの本。あとは、服部あさ美さんの植物の本。どちらもとても良い。

 

生花を飾るのがとても苦手で、それは、萎れていくのを見るのが辛いのと、遅かれ早かれ、いつかは捨てなければいけないというのが辛くて、嫌だったのだけど、最近は意識的に買って飾るようにしている。

いまでもそれらが苦手なことには変わりはないのだけど、それよりも、私がそんな小さなことをうだうだと言っている間に飾ってしまえば、花のパワーがぐんっと空間に光を持って来てくれる。綺麗だなぁと素直に思う。

贅沢と言ってしまえば、それはそうかもしれないけど、何か力を確実にもらっていると思うので、ご飯と一緒だと思う。

そうやって小さな力を、色んなところからもらっているなぁと思う。だから、本屋でも書く文章からでも、小さな力になるようなものを作りたいなぁと思う。