2/5(水) 日記 晴れ、時々みぞれ

冬は本当に静かで本当にのんびりで、平日はお客さんも片手で数えるくらいしか来ない日もある。今日はそれよりは来てくれてありがたい。本を見て楽しんでいってくれたようで更にありがたい気持ちでいっぱい。

今、翻訳のやり取りをしているのだけど、やってみて分かることが本当にたくさんある。一番びっくりしたのが物語の解釈の違い。あまりにも私が書いた物語から翻訳者の感じ取った事に温度差の様なものがあったので、背景の説明をするという事をした。

基本的に何かを読んだり観たりして感じることは人それぞれで良いと思っているので、口を出すことはないのだけど、出来上がるものに自分の名前が付くとなると話は別なので、かなり説明をした。とても短い話なので、どうとでも解釈は出来るし、その人が感じるような話としても十分にありえるストーリーではあるなと思って、自分の文章力を磨かねばとも思った。

話は大きくなるけど、世界も一緒で、みんな見たいと思っている世界を見ているのだなぁと思う。それを肌で感じた。だから、自分の内面を見ることが本当に大切だなと思う。自分が感じたことに気づけて見ることが大切だなと思う。つまり内観。そして、自分はどういう所に身を置きたいのか。それを知ることも大切で、感じたことから、身を置きたい所へ向かうにはどうしたらいいのか考え行動していけば、本当にみんな自分の思う居心地の良い場所にいることが出来ると思う。そんな事を実感した今日この頃でした。本当に勉強になった。良い体験をさせてもらっている。

翻訳は佳境。あと少しで終わる。(はず!)