紀元前300年ごろには、ギリシア人は、すでに地球が丸いことをよく知っていました。その一方のはしに北極、もう一方に南極があって、ちょうど中間に赤道があることを知っていたのです。

3/9(水) 日記 晴れ

風も穏やかで暖かな日。心も穏やか。

今日は支払いに行くくらいであとは家で作業が出来た。それでも暖かいと無駄に外に出たくなる。寒いと篭っていても何とも思わないけど、暖かいと本当に無駄に外に出たくなる。

今日は、今後力を入れたいと思っている動物の本をwebshopに載せれた。「こはく色の目」という野生のオオカミと少年の話。現実的にどうなのか?と思いつつもとても良い話だった。その一つ前に載せた「青い目のネコと魔女をおえ」もすごく面白い話だった。同じタイミングで仕入れたのだけど、どちらも仕入れて本当に良かった。(あと一冊動物の本があるけど、これはもう少し後で載せる予定。)

最近、動物、植物なども含めた自然に関することに急激に興味が湧いていて、(宇宙も然り)もっとwebshopにあったらいいなと思っている。民族とか伝承とかもです。あまり専門的にならずに、楽しみながら知れるものをと思って本を集めてます。

あとは最近は19世紀に書かれた話が気になっています。それとは別だけど、中世のフランスを舞台にした小説も次にwebshopに載せようと思っています。これも本当に面白かった。中世って音の響が今とは全く違くて、シンっとしている感じがすごくする。

他には初めてのスリランカ文学を読み始めています。これもなかなか面白そうで、早くご紹介したいです!