すてきだと思うかどうか、心地よいと思うかどうか、あと逆に、違和感がないかどうかも。これが、「感性を優位にする」ということです。

5/12(水) 日記メモ 晴れのち曇り

朝は晴れていたが、午後になるとだんだん曇ってきた。気圧の関係か頭が痛い。手の大きな人におでこをピタッと抑えられ、グググっと掴まれているような感じの痛さ。

今日も猫の本をwebshopに載せる。「ポン・プルクワ 白黒猫のつづる手記」。猫の本が続いた。猫は今の所飼う予定がないのだけど、とにかく死ぬまでには一度くらいは猫と暮らしたい。ポン・プルクワの話もマドレーヌ夫人の話に負けず劣らずとても良かった。動物の話って舐めてかかると本当にやられる。うっかり泣かされるのだ。そんなつもりなかったのに!!って感じだ。しかし、どちらも本当に良い話だった。

ところで、webshopに載せる本は本棚で目のあった本から読んで載せているのだけど、今回は何故か猫が続いた。(無意識だったので、猫を飼えってことかもしれない。)次は数学者の話の本が載る予定。まださわりだけしか読んでないけど、面白い。

途中、試作づくりで手を動かそうと思ったのだけど、プライベートの日記メモを書いていたら、過去のものの読み返しを始めてしまって上手く時間が作れなかった。何しろ頭が痛い。今日こそ早く寝よう!