さあ、山の頂上に登って、猟犬どもの吠え立てる声とその反響とが入り乱れてあやなす音楽を聞こうではないか。

5/27(金) 日記 大雨からの晴れ

夜中から割とハードな雨音で雨戸の閉まった部屋で寝ているので、うとうとしながら雨音で何度か起き、朝が来たのか、それともまだ夜なのか全く分からんなと思いながらいよいよ起きたら、いつもよりずっと遅い時間だった。

雨降りの間、犬が困ったような顔でこっちをずっと見ている。気持ちは分かる。と思いつつも、あとで晴れるから!となん度も言う。そしたら、思ったよりも早く雨が上がってゆっくり犬の散歩に行けて良かった。まるで雨が冗談のような日差しで、天気って面白いなと少し思う。

掃除をしながら明日のbullockへ持っていく本を選んでいく。なんだかこういう風に本を選ぶのが久しぶりで楽しい。なんだかんだで、最初に選んだ本をかなり減らした。たくさんあればそれはそれで、誰かの心に引っかかる可能性だって増えるものだけど、なんとなく今回はそういう事じゃなく、今お勧めしたいなぁと思うようなものだけにした。どれもこれもおすすめといえばおすすめなのだけど、そういう事でもなく、気張らない感じというか。うまく言えないけど、期待しない感じというか。特に珍しい本もないし、とんがった本もないし、奇をてらった本もないけど、面白いと思う本ばかり。という感じ。

どんなお客さんがいるのだろうか?そして、天気がとても良いみたいで、それが嬉しい。

今日は早く寝ようと思う!おやすみ!