「いよいよはじまる、皇の時代」

5/3(月祝) 日記メモ 晴れ時々雨

毎日ものすごくたくさん夢を見る。夢占いの本があって、今日見た夢を調べてみると面倒な問題が起きると書いてあるので、用心することにする。何もなければそれで良い。

昨日、知り合いに不揃い苺を頂いたので、今日は苺を煮詰める日になった。前回よりも砂糖少なめでレモン汁多め。酸っぱめの苺ジャムが出来上がった。3瓶と半分。リッツがあったので、出来上がったばかりのまだ温かいジャムをリッツにつけて食べる。

砂漠でみつけた一冊の絵本」をwebshopに載せる。この本は2004年に出版されたもので、阪神淡路大震災の話が何度か出てくる。そうか、この時はまだ311は起こってないのか。と、読みながら不思議な感覚だった。2004年だから当たり前なのだけど、まるで311が起こっていない世界の本のようだった。これから311が起こり、コロナウィルスの世界的ロックダウンが起こるなんて全く想像もつかなかない世界の話だ。

最近、時代の流れを肌で感じるようになってきた。まだまだ若輩者だとは思いつつ、長く生きるということは時代をいくつも生きるということなんだなと思う。若い頃には想像もつかなかった感覚だなぁと思う。

夜はめずらしく家族がいないので1人で映画でも観ようかなと思っている。