「いよいよはじまる、皇の時代」

5/4(火祝) 日記メモ 晴れ

とてもいい天気。散歩も半袖でちょうどよく気持ちがいい。

このくらいの気候って本当に申し分無し!って感じで、まだ蚊もいないので思う存分庭にいれて良いなぁ。蚊って、本当に何であんなに痒くするのだろうか…。

普段ほとんど読まない旅エッセイものだったのにも関わらず一気読みした「人生はどこでもドア」。本当に面白かったし、最後に一つの境地にたどり着いたのがすごかった。生活って、日常って、本当に本当に尊いし、それだけでたぶん悟れるはずなんだなぁと思った。しかし、世の中は煩悩だらけ。草むしりでもしよう。

明日は、田植えのお手伝いへ。とても久しぶりに手伝いに行くのでちょっとドキドキ。わたしもいつか自分の田んぼが欲しい。