5/21(土)、22(日)「古本屋BOOKBOOKこんにちは」by hookbooks in Bullock !! click here!!

5/9(月) 日記 雨

朝から一日中雨。昨日天気予報を見た時は雨じゃなかった気がするのだけど、とにかく雨。犬の散歩に行けないのがなんとも寂しい。犬はすっかり大人になっていて、雨の日は散歩に行けないということをきちんと分かっている。まだまだ子供のようなところもあるけど、1年前よりも確実に大人になっている。

今日はどの本をwebshopに載せようか悩んで「かないくん」にした。表紙の絵もマフラーを巻いているし、桜は出てくるけど、最後はスキーのシーンで冬っぽいイメージなのだけど、立夏を過ぎたこの時期に読んでもなんの違和感もなかった。本というのは、物語とジャストな時期に読むのも良いのだけど、それにこだわらずに読みたいと思った時に読むのがいいなとしみじみと思った。今の季節に秋や冬の物語を読むのも、オツなものだと思う。少し先の季節に心を寄せることによって、今の季節を今のものとして大切に思うことが出来る。

しかし、「かないくん」は見事な絵本。久しぶりに読んだけど、本当に素晴らしい。谷川さんの言葉も、松本さんの絵も心に染み渡った。最近、遠い知り合いが亡くなったので余計かもしれない。死は日常の一部だということを普段あまりにも意識しなさすぎるのかもしれないなと思う。

そして、今日はHPの一番上に表示されるバーナーの本を「びろう葉帽子の下で」にした。山尾三省さんの詩の一節がとてもいい。この本は結構ボリュームがあるので、毎日寝る前なんかに少しずつ読んでもらいたい一冊。本当に生活が豊かになると思う。詩人というものは、豊かだなと思う。

今日はしみじみと深く思うことが多かった。