するとある日 様子のちがうやつが現れた

6/26(水)日誌 △フックブックス日誌△

noteでちょこちょこ書いていたフックブックス日誌をこちらに移すことにしました。
日々の本屋の話、どんな本を読んでいるかや、どんなwebの記事を読んでいるかなど、興味を持ったものを載せていきます。

特に落ちのないただの日誌になると思いますが、何か面白い情報を届けられたらなぁと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

早速、今日の日誌。

今日は梅雨の合間の晴れでとても気持ちの良い天気。1時間ほど遅れてオープンする。

7月にあるTomomi Takashioの個展の案内をHPとインスタグラムに上げる。「うみへつづくみちで」というタイトル。海に行きたいなぁと思う。

昨日ツイッターで見た記事が面白かった。テックを使う”文化のアーキテクト(建築家)”という肩書きのアイドリス・サンドゥのインタビュー記事。若干22歳。最後、将来へのビジョンを聞かれた時の答えが胸熱だった。私たちの世代では出しえない答えな気がする。最近の若者は…。やら、昔は良かった…。という文言に正直、辟易しているのは、こういう若者の話を読む機会が増えたからだと思う。

青二才、十四人目「ソフトウェアエンジニアでもないしプログラマーでもない。テックを使う“文化のアーキテクト(建築家)”だ」| HEAPS

 

夜、友人二人と読書会をする予定。話す場を作りたくってずっと考えているのだけど、そのテスト様なもの。特にテーマも決めずお勧め本を持ってくるという本当にテスト感満載の読書会。まずはやってみる。私は藤本智士さんの「魔法をかける編集」で。ちなみに、こちらは藤本さんのnoteで全ページ無料公開されています。面白い本なので、興味のある方はぜひ。

「魔法をかける編集」全ページ無料公開!

 

しかし、今日は静かな日だったな。