7/31(金) 日記 大雨からの晴天

朝、目が覚めた時は、バケツをひっくり返したような土砂降りだったが、午後になって太陽がピッカーンと出た。ついに夏が来たのだろう。凄く嬉しい。

今年の梅雨は本当に長くて、ジメジメして、身体も重くてやることは溜まっていく一方だった。これからはどんどんと進んでいくのだと思うと心が軽い。(ちゃんと進んでいくかどうかは別問題だけど…)

今日は、「猫はしっぽでしゃべる」を通信販売に追加する。行ったことのある人みんなにとても良いよと教えてもらっていたが、ここからは少し気合いが必要な距離なので一度も訪ねたことがない。行きたいなぁと思っていたけど、私の脳みそはすっかりどこか遠くへ行くという概念が消えていて、もう行きたいなぁとは思わなくなった。だから、田尻さんがエッセイを書いてくれて嬉しい。私はそれで橙書店のことが知れる。

しかし、夏が来るなぁ。嬉しいなぁ。あっという間に終わりそうな気がする。だから、きちんと夏に浸かろうと思う。今年は花火もしようかな。犬が怖がるかな。とにかく楽しみだな。