山の麓のすみっこで すぐに消えてしまうような 瞬間の重なりと一緒に ぼくは今日も生きている

クロイソストリートマップに文章を寄稿しました。

以前、HOOKBOOKSの店舗があった黒磯の街マップに文章を寄稿させて頂きました。

黒磯は、今は合併し那須塩原市となっていますが、旧黒磯市という地区は、その昔、石炭で栄えていたそうです。多くの地方都市がそうであったようにシャッター街になりかけた時に、1988 cafe shozoという喫茶店が誕生し、そこから少しずつユニークな個人商店が軒を連ねるようになりました。

那須から近い町でもあり、このちょうどよく楽しんで歩ける通りには、遠方のお客さんもたくさんいらっしゃいます。

新しく出来るお店も増えつつあるこのクロイソストリートをイメージした短い話を書かせて頂きました。

とても短い話ですが、黒磯の街の感じが少し伝わればと思います。
ちっちゃな田舎の街の一つですが、どこか気持ちの良い風が吹き、何か新しく楽しいことが見つかる。そんな場所です。

マップを見て、楽しく散策してもらえたら嬉しいです。

1988 cafe shozoさんなど、黒磯の街のお店で手に入ると思います。
見かけたら、手にとってみてください。