すてきだと思うかどうか、心地よいと思うかどうか、あと逆に、違和感がないかどうかも。これが、「感性を優位にする」ということです。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
それでも、日本人は「戦争」を選んだ

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

通常価格
¥900
セール価格
¥900
税込み。
数量は1以上でなければなりません

東京大学文学部教授の加藤陽子さんが語る日本近代史です。

日清戦争から太平洋戦争までの日本人、世界の人々が何を考えどうしてそれぞれの戦争への道のりを歩んでいってしまったのかを高校生たちと見ていきます。

1930年の外交と軍事が専門の加藤陽子さんが、日清戦争の1894年から太平洋戦争終了の1945年までの当時の市民の生活、常識、刻々と変化していく世界の状況、政治家、軍人、貿易、各国の関係などをイメージしやすいようにたくさんの資料を示しながら説明していきます。

本当に世界中のいろんな人が、いろんな思惑で、それぞれに動いて歴史を作ったのが分かります。表舞台にいる政治家、軍人だけでなく、市民の日記なども参照しながら当時の状況がどう人の心理状況に影響していたのか、またそれが、どう政治に影響していったのかなど、丁寧に話してくれます。

この頃の歴史の流れが頭に入っている人は細かな当時の状況が分かることが面白く楽しめるのではないかと思います。あまり近代史に馴染みのない人は勉強するつもりで読むという心構えが良いかと思います。どちらにしてもたった100年前(前後を挟んだ約50年間)の話です。世界中の常識が急激に変わってきている現代社会の動きと照らし合わせて読むと面白いかもしれません。

参考文献もたくさん挙げてくれていて、引き続き興味のある人はそれらを読んでいくのも楽しそうです。

歴史が好きな人、歴史に疑問のある人にオススメです。

 

 

著者:加藤陽子 / 発行:朝日出版社 / 195mm × 138mm / 414P / ソフトカバー / 2009年初版第7刷発行 / 古書

 

古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】カバーに汚れかすれあり。本体はダメージなく状態良し。

送料はクリックポストをお選びください。