5/21(土)、22(日)「古本屋BOOKBOOKこんにちは」by hookbooks in Bullock !! click here!!

びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集
びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集

びろう葉帽子の下で 山尾三省詩集

通常価格
¥2,860
セール価格
¥2,860
税込み。
数量は1以上でなければなりません

1987年に野草社から発刊されたものの新装版です。

ずっしりと重くたくさんの詩が掲載されています。

長い詩もあれば、短い詩もあって、読めば全部が風景を持っていて、山尾三省が見たであろうその風景が頭の中に再現されます。それは、小説を読むのとはまた違うのだけれども、なんとも小説を読んでいるような気持ちになります。

分厚い本なので、最初から読むのは無粋な気がします。山尾三省もどこからでも読んでくださいとあとがきに書いています。その後、こう続きます。

「そうしていただければ、多分きっとあなたと私の共通の時間がそこに創り出され、それは太古以来人が、「歌」と呼び「詩」と呼び続けてきた、日常性でありながら非日常の特異な時間であり、場でもあることが気づかれるだろう。」

確かに、読み続けると、そこに山尾三省がいるような気がするし、そこに立ち現われる場は彼と自分との祈りの場であるような気がします。そこは雑音がなく、誰にも邪魔されません。

こんな祈りのような詩を読むことは、今の世の中でとても大切なことなのではないかと思います。詩を読んだことがない人も、初めはただ文字を追うだけで良いと思います。だんだんと深く自分の内面へ潜っていけると思います。

 

著者:山尾三省 / 発行:野草社 / 192mm × 140mm / 371P / ハードカバー / 新刊

送料はクリックポストをお選びください。