「ヘミングウェイがどうしたってのかな」とわたしは独り言をいった。雑誌を広げてページを操ってゆくと、死んだと書いてあった。〈アメリカの鱒釣り〉はその話をしなかった。

永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉
永遠の詩 08 八木重吉

永遠の詩 08 八木重吉

通常価格
¥850
セール価格
¥850
税込み。
数量は1以上でなければなりません

小学館の永遠の詩シリーズ、全8巻の最後は八木重吉です。

生前は無名のまま29歳で死んだ八木重吉は、死後広く読まれるようになっていきます。それでも、誰でも知っているとても有名な詩人という訳ではないと思います。なんでだろうと考えると、あまりにも純度が高いからではないかと思います。透明だけど強烈で、でもやさしい。短いものが多く、簡単なような雰囲気をしているけど、あまりに多くのものを含んでいるような気もする。23行の奥にものすごい美しいもの、ものすごい悲しいもの、ものすごい怖いもの、ものすごい優しいものがある。そんな気がします。

詩人の井川博年さんが選・鑑賞解説をされています。解説を読むと詩の奥にあるものがほんの少しだけ分かるような気がします。そして江國香織さんがエッセイを寄せています。このエッセイの最後にも2編の詩がありますが、それの凄みはなかなか味わえないもののように思えます。

何度でも何度でも、本当に何度でも読みたくなる。そんな詩たちです。短い詩なので気に入ったのがあったらぜひ覚えてみてください。生きる力になってくれると思います。

魂を震えさせたい人にオススメです。

 


選・鑑賞解説:井川博年 / エッセイ:江國香織 / 発行:小学館 / 195mm × 135mm / 125P / 2010年第一刷発行 / 古書

古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。

【状態】状態良し。表紙上部に日焼けあり。

送料はクリックポストをお選びください。