すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ
すこやかな生き方のすすめ

すこやかな生き方のすすめ

通常価格
¥760
セール価格
¥760
税込み。
数量は1以上でなければなりません

小説家のよしもとばななさんと麻雀師で「雀鬼会」主宰の桜井章一さんの対談本です。

麻雀で20年間負けなしという想像しても想像が追いつかないようなすごい存在の桜井さんは、すごい厳しい勝負の世界にいたからこそか、語り口が優しいです。対談相手がよしもとばななさんということもあるかもしれませんが、正直に子供や孫に語るようになので、凝り固まった常識がやんわりとほぐれていく気がします。内容も人付き合いの話、努力の話、男女のこと、死ぬこと生きること、など生きるうえで重要なことばかりです。

語り口が優しいので、親戚のおじさんの話を聞くように気楽な気持ちで読み進めると、最後にはなんか凄いことに聞いてしまったな…みたいな気分になります。よしもとばななさんとでしか出て来なかったであろう話であり、すごい対談って本当に奇跡のようなものだなと思います。

すこやかに生きるとはどういうことなのか?そう生きるとどうなるのか?本気で生きている人の話はとても面白いです。

生きる心構えについて悶々と考えている人にオススメです。

 

著者:桜井章一・よしもとばなな / 発行:廣済堂出版 / 188mm × 130mm / 207P / ソフトカバー / 2011年第一版第一刷発行 / 古書


古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなく状態良し。カバーに若干のスレがあります。

送料はクリックポストをお選びください。