すてきだと思うかどうか、心地よいと思うかどうか、あと逆に、違和感がないかどうかも。これが、「感性を優位にする」ということです。

ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?

ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?

通常価格
¥1,250
セール価格
¥1,250
税込み。
数量は1以上でなければなりません

西洋美術史学者でゴッホ研究の第一人者である圀府寺司さんが編集したシャガールの本です。

この独特な本の題名は、とある質問をされたシャガールの答えだそうです。

 「二つの世界間を生き延びたイディッシュ文化の末裔」という副題が付き、キリスト教社会とユダヤ社会、資本主義と社会主義という二つの世界の狭間を生き抜いた画家シャガールの苦悩に焦点を当て、シャガールはどんなことを考え製作をしていたのかを探って行きます。

1887年、旧ロシア、現ベラルーシで生まれた東欧ユダヤ人のシャガールは、50歳でフランス国籍を取得し、アメリカに亡命していたこともあります。語彙や文法はドイツ語がベースとなり、文字はヘブライ文字を使う「イディッシュ語」を母語としていますが、ロシア語、フランス語なども妻や子供との会話で使っています。これだけでもアイデンティティの形成が複雑だなぁという感じなのに、ここにロシア革命、二回に渡る世界大戦などの社会情勢も加わり、ユダヤ人である彼の生きる道筋の複雑さは増していきます。

シャガールといえば、幻想的、恋人たち、天使、夢、月夜、などのワードが思い浮かぶ方も多いと思いますが、この本を読むと、それは社会に作られたシャガールのイメージだということが分かると思います。シャガールが本当は何を描き伝えたかったのか、どうしてそれが出来なかったのか、この本を読むと、彼が生きた時代に対するどうしようもないやるせなさがヒシヒシと伝わってきます。

シャガールが好きな人、ユダヤ社会、イディッシュ文化に興味がある人などにオススメです。

編者:圀府寺司 / 発行:大阪大学出版会 / 188mm × 130mm / 226P / ソフトカバー / 2011年初版第一刷 / 古書

古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなく状態良し。カバー上部に日焼け跡あり。付録CDなし。

送料はクリックポストをお選びください。