するとある日 様子のちがうやつが現れた

スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争
スマーフ語戦争

スマーフ語戦争

通常価格
¥950
セール価格
¥950
税込み。
数量は1以上でなければなりません

 ベルギーで生まれたリンゴ3個分くらいの背丈の青い妖精スマーフの物語です。

ベルギーでは漫画がアートの1つという位置づけでベルギー国内はもちろんヨーロッパでも高い人気を集めています。日本ではタンタンがよく知られていますが、こちらのスマーフもとても人気のある漫画です。

いろんなシリーズがある中で、この「スマーフ語戦争」は、よく出来ている上に、なかなか大きな教訓を得られるお話でもあります。発端は訛りの違いから始まり、どちらが正しいスマーフ語か?!という討論へ発展し、どちらも引かずに戦争になる。というお話。どうにも収集のつかないこの戦争。どう解決するのか…。

現実社会でもありそうな話で、何とも耳が痛い気もします。まぁ、しかし、スマーフは可愛いです。一生懸命のスマーフたちにドキドキハラハラしながらページをめくって欲しいです。

お子さんと読むのもよいと思います。争いの発端は本当に小さなことだし、許さないことの代償はなかなかに大きいことがよく分かります。争い事のよい教材になるかもしれません。

一緒に収録されている「スマーフ運動会」はショートショートの1ページの短い話で、どれも可愛らしい話です。

ベルギー漫画が好きな人、争いについて漫画で読みたい人にオススメです。

 

 

著者:ペヨ / 訳者:村松定史 / 編 : 小川悦子 / 発行:セーラー出版 / 297mm × 215mm / 42P / ハードカバー / 2002年復刻版第一刷発行 / 古書

 

古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】大きくダメージなく状態良し。上下角に押しあとあり。カバー若干色あせあり。

送料はクリックポストをお選びください。