山の麓のすみっこで すぐに消えてしまうような 瞬間の重なりと一緒に ぼくは今日も生きている

呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間
呪の思想 神と人との間

呪の思想 神と人との間

通常価格
¥1,330
セール価格
¥1,330
税込み。
数量は1以上でなければなりません

白川静さんと梅原猛さんの対談をまとめた一冊です。

あまりにもお二方の知識が深すぎて、話されている内容がどこまでもどこまでも広がっていきます。そこについて行けるとは思わずに取りあいず聴いてみよう。という気持ちで読み進めると、古代の日本、中国の風景が少しずつですが、頭に立ち上がってくるように思えます。

漢字から観る世界はどのようなものか、孔子とはどのような人物だったのか、詩経はどのように受け継がれてきたか、など話題は中国を中心とし、日本がどの時代にどう影響されたのかという話も面白いです。

そして、タイトルにもあるとおり「呪」という面にフォーカスしていて、文献や発掘物などから当時の人の心理・思想を探るのがとても興味深いです。膨大な知識ゆえに語ることのできるテーマであり、貴重な話です。

中国、日本の古代や中世の歴史。または、呪というものに興味のある人におすすめです。

 

著者:白川静・梅原猛 / 発行:平凡社 / 202mm × 155mm / 293P / ハードカバー / 2006年初版第6刷発行 / 古書


古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなく状態良し。帯に掠れあり。よく見るとカバー上部がかすかに変色しています。

送料はクリックポストをお選びください。