「いよいよはじまる、皇の時代」

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
喫茶店で松本隆さんから聞いたこと

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと

通常価格
¥1,540
セール価格
¥1,540
税込み。
数量は1以上でなければなりません

京都ホホホ座の山下賢二さんによる「喫茶店で松本隆さんから聞いたこと」です。

ご存知「はっぴいえんど」のドラマーであり、バンド解散後に作詞家になり多くのアーティストに詞を提供、日本の音楽界に多大な影響を与えた、あの松本隆さんに聞いたことなのです。書かれているのは山下さんだが、松本隆さんの独白のようにまとめられていて、SNSについて、才能について、不安について、孤独について、音楽についてなど、この時代にみんなが正解を知りたいと思っていることについて語られています。正解は人それぞれだけど、答えを出す大きなヒントになる気がします。

色々なことについて語られているので、心に引っかかるところは人それぞれなのではないかと思います。泣いちゃうくらいグッとくるものが、多分、1つはあると思います。そして、たまにページをめくり心を奮い立たせる。そんな一冊になる気がします。

目次が話を聞いた喫茶店になっているのも、なんだかすごく良い目次だなと思います。

この本の存在がとても上品で、かっこいい大人に会ったなという気にさせてくれる、本を超えた本のような気がします。本当に自分が松本隆さんに会って聞いたような、そんな気持ちにさせてくれます。

何か大人の意見が聞きたいなと思うひとにオススメです。

 

 

著者:山下賢二 / 発行:夏葉社 / 177mm × 115mm / 117P / 新刊

送料はクリックポストをお選びください。