すてきだと思うかどうか、心地よいと思うかどうか、あと逆に、違和感がないかどうかも。これが、「感性を優位にする」ということです。

日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー
日本のブックカバー

日本のブックカバー

通常価格
¥1,350
セール価格
¥1,350
税込み。
数量は1以上でなければなりません

書皮友好協会による日本各地のブックカバーを集めた本です。

ブックカバー。買った時に書店員さんが本にかけてくれる紙のカバーです。本の表紙が汚れないようにという本来の目的はもちろん、何の本を読んでいるのか知られたくないといったちょっとしたプライバシーを保つものでもあります。それぞれの書店の小さな看板にもなるもので、デザインの個性が出ます。

この本では日本全国つつうらうらの書店のブックカバーを一堂に観ることができます。おなじみのものや、初めてみるもの、イベントやフェアで使われた懐かしいものまで。たくさんのブックカバーが載っているので、見比べることで各書店のカラーやデザイン性の高さが分かったりと、パラパラとめくるだけでも楽しいです。何軒かの書店の方々がブックカバーへの想いを語るインタビューもあり、それが何とも良いです。

決して邪魔をせず、しかし私は私だ。というような、そんな各書店のブックカバー。気になるものがたくさんで、ブックカバー目当てでその書店を訪ねたくなります。

本好きさん、紙モノ好きさんにオススメです。

 

監修:日本のブックカバー / 発行:グラフィック社 / 210mm × 210mm / 155P / ソフトカバー / 2016年初版第一刷発行 / 古書


古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなく状態良し。カバーに一箇所凹み折れあとあり。

送料はクリックポストをお選びください。