別の農村では、三つ星が日没に上がり、夜明け前に沈むことを、夜わたしと呼び、麦まきの目安にしています。

時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘
時の娘

時の娘

通常価格
¥500
セール価格
¥500
税込み。
数量は1以上でなければなりません

スコットランドのミステリー作家ジョセフィン・テイの傑作です。

15世紀イギリス、リチャード3世をめぐる話です。しかし、この物語の時代は1970年代。主人公のグラント警部が退屈な入院生活でふとしたことからリチャード3世の肖像画を手にします。職業柄、人の顔をよく見るグラントはリチャード3世の顔と学校で教わったリチャード3世の歴史とに大きなギャップを感じます。リチャード3世は本当に悪名高い残虐非道な人物だったのか?文献を頼りにリチャード3世の真実を探るという物語です。

イギリスのしかもピンポイントの歴史で、似たような名前がたくさん出てくるし、この時代が好きな人でなければ、初めは取っつきにくいかもしれませんが、ちょっと辛抱強く読み進めてほしいです。本当にとても面白いです。

歴史の見方、時代が変わるということ、真実と虚構との探り方などなど、この本から学ぶことがたくさんあります。それを面白い物語を読みながら出来るというのも、この小説のすごいところだと思います。

ミステリー好きさん(トリック好きさんには勧めません)、歴史好きさんにオススメです。

 

 

著者:ジョセフィン・テイ / 訳者:小泉喜美子 / 発行:早川書房 / 158mm × 108mm / 351P / ソフトカバー / 2014年第二十八刷発行 / 古書


古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなく状態良し。カバーに細かいキズあり。最後のページに折れ跡あり。

送料はクリックポストをお選びください。