踊り子たちがうまく踊ってくれるといいな。〈アメリカの鱒釣り〉のために、ロス・アンジェルスで踊るかれらは、その脚でわたしたちの想像力を支えているのだから。

蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜
蜂蜜

蜂蜜

通常価格
¥1,200
セール価格
¥1,200
税込み。
数量は1以上でなければなりません

ノルウェーの作家マヤ・ルンデさんの小説です。

主人公が三人いて、さらにその三人は別の時代・国を生きています。入れ替わり立ち替わりその主人公たちが問題に晒され、どうにか解決しようと奮闘します。全体的に不穏な空気にまとわれていて、しかも何と無く現実に持ち上がっている問題とリンクすることもあり、ドキドキしながら読み進めることになるかもしれません。

しかし、本当の主人公は、表題にもある「蜜蜂」です。そして、蜜蜂の周りとブンブンと飛んでジタバタしているのが人間たちであることが分かってきます。現在ある山盛りの環境問題が立ち上がらなければこんな小説は出てこなかったかもしれません。そういう意味で、とても現代的な小説です。

未来はまだどうなるかは、分かりません。でもこれも一つの未来かもしれないと思います。

一つの可能性として、自然がどうなっていくのかに興味がある人、少し重めの小説が読みたい人にオススメです。

 

 

著者:マヤ・ルンデ / 訳者:池田真紀子 / 発行:NHK出版 / 195mm × 140mm / 485P / ハードカバー / 2018年第一刷発行 / 古書


古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなく状態良し。カバー上部に軽い折れ跡あり。

送料はレターパックプラス・ ¥520をお選びください。