「いよいよはじまる、皇の時代」

輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生
輪廻転生

輪廻転生

通常価格
¥550
セール価格
¥550
税込み。
数量は1以上でなければなりません

人類学者の竹倉史人さんによる輪廻転成の本です。

「死んだらまた生まれ変わる。」というのがざっくりとした輪廻転生の概念です。死んだことがある人はいないのに、なんでこんなトンデモ話のようなものがこれほど世界中で、しかも現在も支持されているのか?そんな疑問から竹倉さんは修士論文の題材にこの輪廻転生を選びます。この本はその修士論文をもとに書かれたものです。

「この死んだらまた生まれ変わる。」という話は一体いつから、どこで、どのように始まったのかという話から、世界それぞれの地域によっての違い、または同一なところなどに注目し3パターンに分けて説明されています。

同じようで違うそれぞれの輪廻転生。日本は割と馴染みがある考え方のような気がしています。データーに合わせてみていく、この世界中の輪廻転生の話は単純に面白いです。前世を記憶している子供達の話や、日本にだけ焦点を当てている章もあり、こちらもとても興味深いです。

この世での生は一回きり、ぶっつけ本番でやり直しはきかない。とか、死んだら終わり。と思っている人は読んでみると生きるということの概念がちょっと変わっていいかもしれません。

輪廻転生に興味のある人、死んだらどうなるだろう?って思ってる人にオススメです。

 

 

著者:竹倉史人 / 発行:講談社現代新書 / 175mm × 108mm / 220P / ソフトカバー / 2015年第一刷発行 / 古書


古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなく状態良し。カバーにキズあり。

送料はクリックポストをお選びください。