3000年の密室
3000年の密室
3000年の密室
3000年の密室
3000年の密室
3000年の密室
3000年の密室

3000年の密室

通常価格
¥800
セール価格
¥800
税込み。
数量は1以上でなければなりません

山中で見つかったミイラを中心に展開していく二つの殺人の推理小説です。約3000年前の密室殺人の被害者"サイモン"を解剖するという場面から物語は始まります。

長野の山中でヒスイ峡を探していた男が見つけた洞窟の中で、縄文時代の男のミイラ化した死体を発見します。サイモンと名付けられたそのミイラは、背後から刺されて殺されていた上に、死後しばらくした後に腕を切断されている。更に、その場所は中から穴を塞がれている密室だった。それだけでも、謎でお腹いっぱいなのに、しばらくした後に、そのサイモンの第一発見者が事故死をとげる。というのが大まかなあらすじです。

たくさんの参考資料をもとに書かれた縄文時代の様々な研究内容を、登場人物たちのやり取りから知るというのが単純に頭に入って来やすく、興味深く読めます。文献を読むほうが正確だし、内容も広く偏らないと思うけど、仕事で読む訳ではないのなら、小説から知るのも楽しいなぁと思います。(フィクションということも踏まえつつ)

ミイラのサイモンを巡り繰り広げられる研究者たちの駆け引きも面白いし、新しい発見から覆される今までの通説を見るものなかなか面白かったです。分かっている事なんて本当に少なくて、そこから想像している事ばかりなのだなぁと思います。そして、1998年に書かれているのですが、未来の話になり、リモートワークという言葉が出て来た時、ちょっとドキッとしました。

主人公の感が良すぎるので、推理小説好きさんより、縄文時代が好きな方の方が、楽しく読めると思います。
何しろ、常識だけでものを見ていると世界は謎だらけということです。

 

 

著者:柄刀一 / 発行:原書房 / 195mm × 138mm / 355P / ハードカバー / 1998年第1刷 / 古書

古書につき状態をお確かめの上ご注文ください。
【状態】特に目立ったダメージなし。カバーにスレあり。帯なし。

送料はクリックポストをお選びください。